整形の痛みについて

カウンセリング

福岡の美容整形外科は患者に痛みを与えないように治療や手術を行なっています。整形手術では特殊医療機器を用いた大きな手術を行なうこともあるため全身麻酔を行います。この麻酔の監理も医師免許を持ったプロが行なうため痛みを感じることなく手術を終えることができます。また、簡単な治療に関しても痛みの軽減を行なうために局部麻酔で一部分のみの痛みをなくすことで患者の体をケアすることができるのです。福岡の美容整形外科はこうした取り組みで痛みのコントロールをしています。手術や治療の痛みに関しては徹底的に麻酔管理を行なうことで無くなりますが、術後の痛みに関してはどうなのか気になる方が多いです。大きな手術になればなるほど、患部には熱や腫れ、痛みというものが生じ、患部を切開、切除をしたため仕方がありません。ただ、これらの痛みを放っておく訳ではなくより早く患部を安定させるためにも痛み止めや腫れを引かせるための薬を処方します。この薬のおかげで術後の痛みも感じることなく生活することができるようになるでしょう。しかし、人によって痛みの感じ方は違うので、処方された薬でも痛みを感じることはあります。その場合には手術してもらった福岡の美容整形外科の先生に相談してより効果のある痛み止めを商法してもらうといいです。薬に関しても服用の際に注意事項がありますので、自己判断で市販の痛み止めを使用したり、併用しないように気をつけておくべきです。薬の組み合わせによっては患部の回復が安定しなかったり、体調悪化に繋がるケースもあります。
美容整形外科で行なう治療や手術は様々です。患者の要望によっても治療や手術する場所が違いますし、使う医療用具も異なります。一般的に行なわれている美容整形では二重にするものが多いです。二重にする美容整形ではメスを使って一重まぶたを切開して縫い合わせる切開法というものがあり、この方法は一度行えば半永久的に二重の状態が続きます。また、二重にする方法で切開法とは違いメスを使わず、特殊な医療用の糸でまぶたを固定してシワを作る埋没法というものもあります。この埋没法は治療の時間も短く、治療後すぐに日常生活を送ることができるメリットがありますが、医療用の特殊な糸で止めているだけなので強く目を擦ったり、時間が経つにつれて糸が緩んでしまうことがあります。早い段階で糸が取れてしまうと元の一重に戻ってしまうケースがあるのがデメリットです。どの治療を受けるのかは福岡の美容整形外科で担当医と相談しながら決めるのがベストといえるでしょう。